隕石切手

マリ共和国(1999) (2種類)


マリ共和国 1999年発行
9匹の恐竜と9の隕石落下ケースがひとつずつペアになっているシート。しかし、それぞれの組み合わせに深い意味があるのかどうか・・・。例えば、上列左のメテオは、1492年11月16日、フランスのアルザス地方に落下した Ensisheim 隕石だ。時のオーストリア皇帝マクシミリアンは、この隕石落下をフランス戦への勝利を意味する吉兆と信じ、実際に Salins での戦いで見事に勝利、といった逸話が残る。だが、ペアで描かれている恐竜エドモントニアとこの逸話を結ぶ線は思い当たらない。

 
 
世界9ヶ所の噴火と隕石のペアになっているシート。中には未だ活火山として噴火している物もある。自然の猛威を表した貴重な記念切手である。